前へ
次へ

2つの自己破産の方法について理解する

自己破産は大別して2種類ありますが、同時廃止事件もしくは破産管財事件があります。
それぞれ事件とつけられていますが、裁判所で案件は全て事件という名称で呼んでいます。
したがって実際に犯罪を犯している訳ではなく、あくまでも名称であるという点を理解することが必要です。
自己破産に該当するかどうか、それぞれ異なっているので注意しなければなりません。
同時廃止事件というのは総額で99万円以下の財産しか持っておらず、破産する理由に対しては全く問題がないという時に該当します。
一方で破産管財事件では法人や事業者だけでなく、借金をギャンブルや身の丈よりも多く豪遊したり投資などで自己破産を選んだ人が対象となります。
裁判所へ申し立てた弁護士や司法書士以外に、破産した人の財産を処分して換金する作業を新たな弁護士を雇って行います。
自己破産で処分を行う財産がゼロになった時に、債権者に対して配当を行っていきます。
また破産管財事件では申立費用以外に、20万円以上の管財費用を要するので注意しなければなりません。

Page Top