前へ
次へ

3年以内の完済が難しい時は自己破産がおすすめ

債務整理には、複数の選択肢があります。
任意整理が検討される事もありますが、それよりは自己破産の方が良いケースも多いです。
そもそも任意整理を行ったとしても、結局は返済を続ける必要はあります。
借金自体は残りますし、数年間に渡って返済も継続しなければなりませんが、自己破産は返済も免責になる訳です。
残債がゼロになることを考慮すれば、破産手続きのメリットは大きいです。
ただ人によっては、任意整理にすべきか破産にすべきか迷っている事もあります。
確かに、何とか返済できそうな時は、あえて任意整理にしてみるのも悪くありません。
1つの目安としては、「3年」です。
現在の借金は3年以内に完済できる確率が高いなら、確かに任意整理という選択肢もあります。
しかし3年どころか5年や8年ぐらいかかってしまう時には、むしろ破産手続きの方が良いでしょう。
任意整理ですと、返済が長期化してしまう可能性があるからです。
短期返済が見込めない時は、任意整理というより自己破産を検討すると良いでしょう。

Page Top